backつぎアデンのタイトル


 2005年7月3日 更新 update


アデン港
 
アデン1 アデン港1 アデン港2

アラビア半島の南端にある、かつては南イエメンの首都だった街
1960年の独立でその役目は終了


ここアデン港は、バスコ・ダ・ガマが喜望峰経由の航路を発見するまでは陸路の中心地であり繁栄を極めた
スエズ運河の開通当時、なんとニューヨーク、リバプールに次ぐ世界第3の港町だったのだ
19世紀には軍事上その重要性が増大した
天然の良港であり、気候も穏やか
現在 この町に遺跡と呼ばれるものはあまりない

↑ ↓港の入口  イギリス占領時代の面影
実は、港の写真はあまり撮れません・・・例の2000年10月12日にアメリカのイージス駆逐艦に
爆弾テロがあり死傷者が出たため、現在も軍港が近くにあるため軍が見張ってます
ちなみに上の写真の左の方が軍港(実際軍艦がいました)、右は撮ってもよい
アデン内部1 アデン内部2 アデン内部3

これは、建物の中
ガランとしてます
ちなみにその一角に土産物屋さんがあります(イエメンでは土産物屋さんは貴重ですのでお勧めです)
そこそこ品がありました


ページトップへ 足


アデンゲート
 
アデンゲート1 アデンゲート2 アデンゲート3
アデンゲート4 アデンゲート5 アデンゲート6

なんだかわかります?
そう、道路が谷を通過してますよね
その昔、この道路の先がアデンの街だったのです
で、この位置に巨大な門があったのです、それは「アデンゲート」と呼ばれた
現在、道自体がかなり下にありますがその当時はもう少し上にあり、その位置にゲートがあった
今もその当時の鍵が保管してあるやに聞きました


ページトップへ 足


アイダルース・モスク
  
アイダルース・モスク1 約650年前の建造

偉大な指導者「アブルバク・アイダルース」が眠っているモスク
アイダルース・モスク2
アイダルース・モスク3 アイダルース・モスク4 アイダルース・モスク5
アイダルース・モスク6 アイダルース・モスク7 アイダルース・モスク8
アイダルース・モスク9 アイダルース・モスク10 アイダルース・モスク11
アイダルース・モスク12 モスクですので当然人物像は無く、その代わり植物の文様が多用されてますね
アイダルース・モスク13 ← 墓
中も覗けますが、何もないです
遺体はこの地面下に土葬されているはず

ピンクの布にかかっているのは数珠です


ページトップへ 足


アデン・タンク
Tank of Aden
アデンタンク1 タンクって言うからすっかり
← のような戦車かと・・・
(んなわけないよね) (^○^)

そう、巨大な貯水池
が正解
アデンタンク2

元々は1世紀頃から作られ、現在の形になったのは370年前
18の貯水池(オリジナルは53ヶ所)
貯水量は2000万ガロン ・・・ つまり7600万tです って余計わからん (+_+)

目的は、当然貴重な水を確保、突発の洪水除けもあったようです
アデンタンク3 アデンタンク4 アデンタンク5
アデンタンク6 アデンタンク7 アデンタンク8

現在イエメンは乾期、それも数年に渡る干ばつ状態でこの貯水池に水は全然ありません
からからです

貯水池も水がないと間抜けだね(失礼)
奥の奥まで結構行けます(当然どんどん上に上がっていきますよ)
現在、この場所はアデン市民の恰好のデートスポットらしいです
確かにカップルが多かったな (^。^)
 
アデンタンク9

現在の貯水量は
これだけ!!
(^○^)
アデンタンク10 アデンタンク11
アデンタンク12 イギリス占領時ここは
パブだったらしい?
← そのなごり
店の看板です

こんな貯水池でパブってどういうこと?
なんか涼しいからとのことだけど本当?
↑ この先は、海
アラビア海です(ちらっと見えてます)


ページトップへ 足


アデン・ミナレット
The Aden Minaret
アデン・ミナレット1 8世紀に建てられたもの
アデンで一番古いミナレット
アデン・ミナレット2


ページトップへ 足


ランボーハウス
Maison Rimbaud

孤高の天才放浪詩人「アルチュール・ランボー」が働いていたところ
今はホテルになってます(1993年12月に改装された)
実はこの正面が、↑のアデン・ミナレットなんですよ
ランボーハウスは見つからなかったらアデン・ミナレットを探しましょう
 
ランボーハウス1 ランボーハウス2 ランボーハウス3
ランボーハウス4

わかりづらいけど
肖像とサイン
です
ランボーハウス5 ランボーハウス6

当時の写真
ランボーハウス7 ランボーハウス8

イケメンだね、こりゃ
ランボーハウス9

アデンには1880年に来て気に入り、この2階でエチオピア人の女性と暮らしていたらしい
また戻ってきたいとの言葉を残したが37歳で夭折

彼が詩作をしたのは17〜19歳といわれる
創作活動をやめ「ランボーの文学との決別」といわれている


ページトップへ 足



スィーラ城塞と漁港
 
スィーラ城塞1 スィーラ城塞2 スィーラ城塞3


アデンの街の突端にある港町です
岬の突端にあるんだな
山の上にあるのが「スィーラ城塞」 見張り用の城です
現在も軍が使っているようです、うかつに写真は撮りづらいかも・・・
昔は道も無かったようだよ
アラビア海1 アラビア海2 アラビア海3
アラビア海4 アラビア海5 アラビア海6
アラビア海7 この先は、・・・・南極?
(正確にはソマリアがアフリカ大陸から出っ張ってるから・・・)
まぁ、おまけして(何の?)南極ってことで

海は穏やかですな
ちなみに、すっごく暑かったっす (^^;)

以下の写真は、ここの漁港の魚市場っす
丸ごと1匹でも切り身でも売ってます
      こちらの包丁は出刃じゃあなくて全体が丸くなった包丁なんだよ ↓ この左端に
少し写ってるでしょ、おじさんが右手に持ってるのがそれ
漁港1 漁港2 漁港3
漁港4 漁港5

← 青空の下、見事に捌いていきます

この人の包丁も丸い
漁港6
漁港7 漁港8

↑ 鮪っぽかった

← これは・・・食べるの?
1m以上あるけど
結構売れてたよ
漁港9
スルタンパレス1 スルタンパレス2 スルタンパレス3
生け垣 ↑ スルタンパレス

イギリス風の建物

由緒その他不明 (スマン)


出た!! →
「ピザハット」
で〜んとあります、中にはしっかりお客さんがおりました
ピザハット


ページトップへ 足


アデンの街
 
アデンの街1 アデンの街2 アデンの街3
塩田1 アデンから次の街に向かう
ちょうど窓側だったのでアデンの街を撮りました
見てわかるとおり、すぐに街は途切れ砂漠です
(飛行場はわりと街の中心にあるんだよ)
見えているのはアラビア海

← → 右側に少し見えているのは塩田
塩田2
砂漠1 砂漠だよ
本当に草木1本生えてないって感じ
砂漠2


ページトップへ 足



line


メール      home

メールはこちら     ホームはこちら
 
 
 
 
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO